2014年02月05日

みどりむし(ユーグレナ)はユーグレナ社だけが大量培養に成功

東京大学内ベンチャー企業

あのNASAが世界に先駆けて研究をはじめた「みどりむし」。

高い栄養価と免疫成分、培養に大量の二酸化炭素を消費(地球温暖化防止)する事から

世界中の研究機関で長い年月をかけて研究。

しかし、培養が非常に難しくNASAでさえ成功できませんでした。

2005年に東京大学を中心とした企業(株式会社ユーグレナ)が、

世界初で培養に成功したので、現在では、みどりむしを乾燥粉末にて、

手軽にご家庭でもサプリメントとして摂取することが可能となったのです!

2012年末にはこのユーグレナ社は上場を果たし、さらに有名になったのは記憶に新しいところです。

「みどりむし」は沖縄県石垣島産

亜熱帯気候で一年中気候が良い沖縄県石垣島で太陽が降り注ぐ培養プールにて

約1ヵ月半かけて慎重に管理され活発に増殖させています。

posted by はぴねすハッちゃん at 00:00| Comment(0) | みどりむしの未来 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。